IoT クラウド スクラッチのデータ連携
IoT クラウド スクラッチのデータ連携
プラットフォームやデバイスなども越えシステムのデータ連携を実現。
データ連携の煩わしい手作業での運用保守からあなたを解放します。
DataSpiderでデータサイエンス
DataSpiderでデータサイエンス
DataSpiderは日本国内でデータサイエンス現場に活用されています。
弊社は機械学習やA.I.などの分野でDataSpiderの活用アドバイスを行うことが可能です。

DataSpiderは強力なシステム間連携のミドルウェア

DataSpiderはその名の通り、デバイス、システム、そしてあらゆるプラットフォームに蜘蛛の巣状に糸を張り巡らせるように、自由自在にデータの連携を行えます。セゾン情報システムズのDataSpiderのコンセプトは「つくらずつなぐ」というもので、基幹システムの受注データを取り込み加工・整形し、サプライヤーへの発注メールを人を介すこと無く行えます。

機械学習で重要となる前処理も可能

世の中の様々な"モノ"をインターネットと接続させるIoT開発。DataSpider ServistaならIoTを構成する「デバイス」「クラウド」「アプリケーション」を簡単かつスピーディに連携させることができます。更に、Deep learningなどで重要となるデータの前処理を行ったりとデータ活用現場では汎用性もあります。

製品概要

DataSpider Studio for Web

DataSpiderは開発をする上でエンジニアの開発効率を上げるための開発統合環境(DataSpider Studio for Web)を利用することができ、GUIを利用したノンプログラミングでサービス連携やデータ連携などをすることができます。

DataSpiderにはオンプレミス版とクラウド版があり、自社のセキュリティポリシーに従ってサービスを選ぶことが可能です。
ヘルプドキュメントも豊富

DataSpider開発サービス

DataSpiderではノンプログラミングでの開発も行えますがセッション管理、データベースのトランザクション管理など細かな設定をしたい場合は弊社でその開発支援をいたします。

DataSpiderコラボレーション

配車最適化システムのMii Hawkや勤怠管理システムpi-po、その他弊社ソリューションとのコラボレーションでDataSpiderの販売・導入支援を行います。

DataSpiderサポート

既にDataSpiderを導入されているお客様に対しサポート契約をすることが可能です。製品に対する技術的QAや、運用・保守サポートを行います。

弊社のDataSpider活用事例

給与計算はkintoneで実施

従業員マスタの管理はkintoneで行い、更にpi-poから勤怠データを受け取り、kintoneへつないで給与計算を行います。当然給与情報を他の社員へ公開をしないようにするためにしっかりとアクセス制限を行うことが可能になります。

pi-poで勤怠データを管理

pi-poでの打刻情報、つまり勤怠データを作成します。作成したデータはDataSpiderによりkintoneへ連携されます。連携のタイミングはほぼリアルタイムでも行えますが、Mii Hawkとの連携を行う場合は日に2回から3回取り込む必要があります。

Mii Hawkで配車手配

pi-poから連携された勤怠データは、従業員の帰宅時の配車シュミレーションに利用できます。例えばOTを考慮した配車情報を業者へ定刻通りに連絡をする場合に、必要台数の算出を行い指示書を自動でDataSpiderを介して業者へメール送信が可能です。

SuperStreamと連携

輸送業者へ発注情報、給与計算の給与データを会計システムのSuperStream-NXとの連携が行えます。このようにDataSpiderのみでシステムを横断したデータ連携を行うことが可能となりIT人材のコストを大幅に削減できます。