kintone 見積から請求書発行

kintoneで見積書作成をして、そのまま請求書発行へ利用する 見積書を苦労して作成して、請求書も同様に入力することは非効率であり、転記ミスも発生します。 見積書を発行し顧客からP/Oを受領、そして請求書を発行する 請求書発行のハック!もっと楽しようよ。 kintoneを利用して見積書を発行しました。ただ、それだけでは業務の何を効率化できたのかまだ疑問がある方は多いと思います。 そこでkintone標準機能でもある「アクション」の出番です。 今回は業務スコープの1つを、次の業務スコープとノンプログラミングでつなげる方法をご紹介します。 アクションだけで簡単請求書発行 この「アクション」という機能が優れているポイントを課題に照らし合わせて説明します。 【課題】 1.請求書発行で諸元となる伝票(見積書番号、顧客からの発注書番号)の転記でミスをする 2.何度も同じことをタイプすること自体ナンセンス 2番の内容が全てになってくるのですが、たまに見積書の内容と若干差異が生じたりすることもあります。LOOK UP機能で、内容を引っ張ってくることも可能ですが、その場合は修正などが行えないなどかゆいところに手が届きません。 単純に見積やP/O伝票から内容をコピーしてきたい場合にこの「アクション」が大活躍します。 kintoneのアクションについて(PDF解説) kintone アクションで業務を連携! アクションの使い方の例をご紹介 設定手順はシンプルで簡単です […]

kintoneで見積作成

はじめに 弊社はひょっとすると、kintoneをタイ国内では一番長く触って来た技術者集団ではないでしょうか。β版のころから開発に協力していました。そんな私たちだから言えることは、「何でもできる」や「3分で作れる」というのは、練習用アプリだけということです。 我々は業務で使うことを前提としているのでそういうことは言いませんし、そういう宣伝はしません。 kintoneの3大要素はそこじゃないです! 業務改善として、それらを言うにはすこーし無理があるからです。基幹業務が分かっていると、例え部分的だとしても難しいですし教育や運用といった先を考えていないと同義になります。お客様の業務は大なり小なり違いもあれば、担当者の方が現状の課題や、作業コストについてなどを整理する必要があります。これができていないと、導入のスコープを絞ることもできず、カスタマイズ機能の肥大化やプロジェクトが終わらないなどの問題に発展します。それは大手であれ同じです。 大きな粒度で構わないので、下記のような業務フロー図を作成することをオススメします。 kintoneをご存知な方は販売 > 見積作成、販売 > 請求書作成、というように販売スペースを作成してその中でアプリの作成をすることで、部門別に管理ができて便利です。 ※kintoneはこの大きな粒度での一つの業務にスコープを絞ることで活用が行なえます。