従業員送迎車輌コストを削減
従業員送迎車輌コストを削減
Mii Hawkは実際の送迎費用を削減するだけでなく、
その手配をする社員の作業時間も削減するクラウドシステムです。
送迎費用の削減方法を伝授
送迎費用の削減方法を伝授
Mii Hawkを使わなくても送迎コストを削減できる方法はたくさんあります。
従業員はどのルートの停留所を利用するのかなど総務担当者は把握していますか?
ルートの最適化などもお手伝い致します。

配車システム Mii Hawk機能概要

従業員の送迎コスト費用について

従業員の送迎コスト費用について

タイの工場では、会社がバスやバンを所有する送迎サービスを委託していることが一般的です。しかし、送迎サービス企業の多くがライセンスを持っていなかったり、購買の社員と癒着していたりと何かと問題は尽きません。現状の送迎費用が何故高いのか、どうして高いと思うのかなどを突き詰める必要があります。
送迎費用の請求に対しての精査

送迎費用の請求に対しての精査

日々何十台と送迎車輌を手配していると、実績を把握することが非常に困難です。よって、送迎サービス業者から多く請求されているのかは実は殆どの企業が精査できていない状況です。日々の計画に対して、実績を比較することはコスト削減においては非常に重要です。
ルートの最適化について

ルートの最適化について

タイの工場では頻繁に従業員の入れ替りが発生します。その場合、停留所廃止に伴い実はもっと安い単価でのルートがあったりします。こういったことを日々やることは非現実的ですが、ある一定のタイミングで見直すことは必要です。

事例紹介

現場課題として

従業員約1,000名の製造業様の事例

【現状】
・配車計画は各生産チームからの要求を元にGA担当者1名がエクセルを使って配車手配している乗車率を高めることが難しい。(13人乗りバンに1名しか乗っていない等)
・本来は午後の指定時間までに当日何台のバスやミニバンが必要か輸送会社に連絡しないといけないが、間に合わず余分に手配。
・担当者が辞めると同時に過去の蓄積データもなくなり、新しい担当が1からエクセルを作り始める。
・特定の輸送会社を使っており、そもそも輸送の適正価格が分からない。
・管理がままならないため、日本人の駐在員が一部確認を手伝っている。

解決策

【課題解決のアプローチ】
・送迎ルートと費用
・従業員住所
・従業員シフト

等の情報をもとに、費用を抑えて効率的に従業員(スタッフ・工員)を送迎するための最適ルートと配車方法をシミュレーションしてご提示します。

効果

【導入効果】
・費用削減
・配車管理担当者が日々行う作業が軽減され、より付加価値の高い業務にアサインできるようになります。
・サービス業者からの請求書が適正か判断可能!
・効率の良い配車でCO2排出量も削減!

配車情報を可視化

その日の生産計画、シフト情報から配車に必要な車種・台数をルートに合わせて自動で計算します。何台必要かだけではなく、どの車両に誰が乗るかも計算するので、無駄な配車がなくなります。車種により乗車可能人数を個別で指定することも可能です。
ドライバーへの指示書を出力可能なので、送迎サービス業者へ正しく支持を出すことができます。

簡単なマスタ設定

各種マスタ情報の登録はマニュアル入力だけではなく、テンプレートのExcelファイルでの登録が可能です。

導入支援サービス

マスタの準備や現状把握をするために、私たちがお手伝いすることも可能です。
プロジェクトチームを編成し、お客様をしっかりサポートします。

ご契約

ご契約形態には成果報酬型と定額型があり、お客様の現状や、運用の規模によって最適な方法をご提案する事が可能です。

ご契約はお客様とECMS LTD.との間で締結となります。ECMS LTD.は弊社の公式総販売代理店です。